そろそろ肌にも年齢を感じる世代にさしかかってきているのですが、どちらかといえばスキンケアはよりシンプルになってきています。とはいえ、何もしないのが1番、といったわけでもなく、必要なものを高品質な化粧品でしっかり与えてあげる、というのがモットーです。丁寧にスキンケアをすることで、むしろ20代の頃よりトラブルが減っている実感もあります。 具体的には、「保湿をしっかり行なう」「クレンジングはしているメイクに適したものを部分別に使う」「洗いすぎない」の3つが基本です。 保湿は水分をただ与えるだけでなく、保湿成分の種類にこだわっているのがポイント。保湿成分はいろいろとありますが、年齢を感じはじめた肌は保水力が落ちているので、細胞の内部でしっかり水分をたくわえてくれるセラミドはかなり有効です。セラミド入りの化粧水で物足りない時には、アンチエイジング成分の豊富なアルガンオイルを、マッサージとともに少量つけるようにしています。